おねむなおはなし

日々の気付きとトキメキ

3時のおやつ覚書

 

 

 

3時のお楽しみ、おやつの時間に、最近わたしが食べたものは以下の通りです。

 


f:id:kumakuma_iruka:20220514202048j:image

 

美味しいが過ぎる。もう虜。今一番の推しアイスクリームである。食べている間ずっと幸せな気持ちでふわふわしちゃう。これは期間限定なのだろうか。頼むから定番商品であれ。これが好き過ぎる為、他のアイスクリームに手が出なくなっている。いかん、いかん。

 


f:id:kumakuma_iruka:20220514202114j:image

 

久しぶりに食べたら、あれ?こんなに美味しかったか!となったフラン。冬のお菓子を、賞味期限ギリギリまで取っておき、春になった辺りで厳かに食すという若干キモめな趣味嗜好により、我が家にはまだ僅かに冬のお菓子の名残がある。早く食べなくては。ウキウキ。

 


f:id:kumakuma_iruka:20220514202150j:image

 

みんな聞いてくれ、こいつぁ天才だ。このシリーズ、どれもべらぼうに旨いが、これも旨いぞ。レモンの爽やかさとピールのほろ苦さがなんとも言えない。毎日ひと切れずつ食べる楽しみが、わたしの日々を鮮やかにしてくれた。マジ感謝。ありがとう、開発者の人。

 

 

 

相変わらずアイスが好きなのですが、知覚過敏デビューしてしまって以降、本気でアイスを楽しめていないと感じています。もうこんなことなら知覚過敏になっている歯なんぞ抜いてやろうかと考えることもしばしばです。歯を大切にしなかった、大切にすることができなかった過去の私を抱き締めにいきたい。そして優しく手を引いて信頼できる歯医者に連れていってあげたいものです。

でもまぁ今は歯医者に通っているし、全力ではないにせよ、相変わらずアイスは楽しんでいるわけで、十分だな、上出来じゃんと思うのもまた事実です。今も過去も肯定するだけの余裕が今のわたしにはある。すげぇぜ。そう思うのでありました。

 

 

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

追伸:これまで見てみぬふりをしてきたジョジョを至急全巻読むことになった。6月はジョジョ強化月間である。忙しくなってきたぞ。ぐっどばい。

 

 

 

 

 

 

肉巻きおにぎりで元気を出す

 

 

心は元気なんですけど、体は元気じゃないような感じがしたので、心が元気なうちに体を元気にしようと思い、肉巻きおにぎりを作りました。

 

やったね。


f:id:kumakuma_iruka:20220518215538j:image

 

肉と米を甘辛いタレで一気に食べるってもうそれは元気な行いなわけで、だから食べたら当然の如く元気になりました。肉を巻くのが面倒ではあるけど、作る工程は非常に簡単な肉巻きおにぎり。お弁当にもピッタリなメニューだなと思います。せっかくだから今回は巨大に作ってかぶりつくワイルド仕様でしたが、小さくコロコロ作ってひと口でパクパク食べるのもいいですよね。

 

時は流れ、いつの間にか夏もそう遠くはない時期に差し掛かりつつある今、日々の疲れが心身を蝕んできているのを感じます。こういう時には胃腸に負担の少ない食事で健康の土台を磐石にしていくのもいいですが、たまには肉巻きおにぎりのようなガッツリとしたメニューで刹那的に元気をブーストさせるのもまた人生だよなと思います。美味しいものを手作りできた喜びでまた明日も頑張れそうです。ゆるっと愉快にのびのびいきましょう。

 

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

追伸:モグ飯キッチン第三回おめでとうございます。マジで大好きなコーナーなので、こんな風に祝福の言葉が自然と飛び出してしまうよね。第三回もとても良かった。三回目ということもあり、慣れてきたせいなのか個人的に一回目、二回目と比べると何だかふんわりちゃんとしようとし始めているのを感じたから、どうかありのままの彼等であって欲しい。わたしも今後オーブンやレンジを使うときは金庫破りみたいな顔つきでやろうと思う。次回も楽しみ。ぐっどばい。

 

 

 

 

 

今週のお題「何して遊んだ?」

 

 

こんにちは、今週のお題に参加したいと思います。

お題は「何して遊んだ?」だそうです。今でも刺繍したりお絵描きしたりして毎日遊んでいますから、いつのことかによると思いますが、今回は子どもの頃の話にしてみようと思います。

 

え、マジでみんな何して遊んでた?

私は空想するか、近所の子とスケジュール立ててたよ。えへへ。

 

 

というわけで、一人の時には、家の中や庭を歩きながら空想していました。じっとしている時も空想していたけれど、歩きながらする空想はまた違う面白さがあって好きでした。確か歩きながらする瞑想ってありますよね。やったことはないけれど、雰囲気はそんな感じではないかと思います。右、左と足を前に繰り出し、地面を掴んで離す感覚だけの中で浮かび上がってくる脈絡のないものを結び付けて物語にしてみたり、自分の頭の中でのみ上映している空想の世界のより細かい設定を作り込んだりしていた気がします。

 

そして近所に住んでいた仲良しの子と遊ぶ時にしていた遊びでちょっと珍しいかな?と思うものが、スケジュールを立てるというものです。集まったら、まず紙に今日やりたいことを書き出し、お互い帰るまでの時間にそれらを当てはめていくという遊びです。何時から何時までは探検、何時にどこへおやつを買いに行くかなどを詳細に紙に書き出すのがとても楽しくて、よくやっていました。立てるだけでなく、その予定を消化していくことも楽しくて、成し遂げたスケジュールを赤いペンで消すことに快感を覚えていたように思います。また、時には少し遠出をしてみようというとき、この遊びが一番盛り上がりをみせます。スケジュールを立てる以外にも、持ち物や行き先の地図、目的地の見所やその日の目標などをまとめた旅のしおりを協力して作り上げるのです。様々な色のペンや折り紙、シールなどを活用して世界に一つだけの冊子を作成することが何より楽しかったのを覚えています。

 

そんな感じで、空想したり、何かを作って形にしたりするのが好きだったから、子どもの頃は自分の書いた文章や絵をまとめた本が作りたかったです。本ではないけど、小学生の頃には小さな新聞(内容は現実と空想が混ざりあったようなコメディなもの)を作って仲の良い子達に配っていたこともありました。不定期だったけど、自分も読みたいという手紙をこっそりくれる子がいたりして、自分の書いた文章や絵を求められることの喜びみたいなものを感じました。大人になった今もこうしてブログを書いているし、わたしは子どもの頃から自分の思ったことを書くのが好きなようです。それに、今でも叶うなら自分の書いた文章や絵をまとめた本を作ってみたい気持ちに変わりはありません。子どもの頃に好きだったものやよく遊んでいたことには、その人の人生のヒントがあるという話をどこかで聞いたことがあります。確かにそれはそうなのかもしれないと、このお題に答えながら思ったりなどしました。小さな頃にみていた自分の夢を叶えてあげるには、今を生きる大人の自分に何ができるだろう。ぐんぐん歩きながら空想していたあの頃のように、ちょっと近所を散歩しながら、そろそろ本腰いれて夢を叶える方法を考えてみようかなと思ったりなどしました。

 

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

追伸:久しぶりにカッチェスのサワーブラックカラントが食べたいなと思ったら、何やら知らぬ間に販売終了していたらしい。何故なの。あんな濃厚なカシスグミの代わりになるものなんてこの世にはないよ。5月の終わりに降り注ぐ失われた悲しみ。それと同時に始まる新たな美味しいグミを探す愉快な旅。人生だね。ぐっどばい。

 

 

 

 

 

 

仙台麩(あぶら麩)が好きだ

 

 

わたしが一番好きなお麩を紹介したくなったので、します(唐突)

 

こちらです。


f:id:kumakuma_iruka:20220429212733j:image

 

仙台麩というお麩です。あぶら麩とも呼ばれているそうです。宮城のお麩です。

わたしは東北の風土や文化、食に興味があり、色々試してみるのが好きです。こちらのお麩も東北、宮城の美味しいものの一つで、購入できる機会があれば必ず買う商品です。大きいので切って使いますが、それでも大きくて、ふっわふわ!お出汁と絡むとジュワ~っとジューシーで食べ応えがあり、一度食べると病みつきになるお味です。お味噌汁や煮物はもちろん、このお麩を甘辛く卵とじにしたものをアツアツのご飯の上に乗せて、丼物にして食べるのも美味しいです。

 

東北は四季を通して美しい場所だと思いますが、この新緑の季節も非常に美しく、いつかまた行きたい気持ちでいっぱいです。今はなかなか難しいので、この美味しいお麩を食べて思いを馳せたいと思います。次に行く機会までに食べたいものや行きたい場所の情報収集ですね。この時間もまた楽しくて好きです。歴史あるものからトレンドのものまで色々食べたり楽しんだりできる日を夢見て、その日を待ちたいなと思います。

 

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

追伸:予定のない休日に、思いつきで散歩へ出かけ、帰りに好きなアイスやお菓子を買って帰るとき、生きている喜びを感じずにはいられなくなる。生きとし生けるもの全てに心の底から爽やかにおはよう!と言いたくなるような、そんな幸福。ぐっどばい。

 

 

お家でボクシング

 

 

暑い季節に向けて、薄着に耐えうる体を目指そうということになった我が家では、今ボクシングがアツいです。その源がフィットボクシング2というNintendo Switchのゲームです。

 

リズミカルな音楽に合わせてボクシングをするゲームなのですが、ゲームだからと侮ることはできません。毎回やり終わった後はヘロヘロで、全身から汗が吹き出しています。しっかり体の使い方や呼吸に意識を向けてやると、より一層翌日は筋肉痛が盛大なことになります。これはすごいです。

 

また、キャラクターの声優陣も大変豪華です。なので、好きな声優さんを担当にすれば、エクササイズ中に辛くなっても、火事場の馬鹿力がムクムクと沸き上がってきます。音楽も様々あり、知っている曲でノリノリになりながらエクササイズすれば、気分も最高です。

 

そういえば、現在放送中の木村拓哉さん主演ドラマ「未来への10カウント」を毎週楽しく拝見しています。何だか、いざ自分もボクシングを始めてみたら、ドラマがより面白くなりました。やっぱり経験してみないと分からないことってありますね。ドラマもお家ボクシングも、引き続き楽しんでいきたいなと思います。

 

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

追伸:我が家では、毎日お腹痛くなるくらい笑えることが多発する。でも時間が経つと忘れちゃうことも多くて少しもったいない気持ちになる。すぐメモができるような体制を作って、いつでも思い出せるようにしたい。ぐっどばい。

 

 

 

今週のお題「ホーム画面」

 

 

こんにちは。今週のお題は「ホーム画面」だそうです。何の?パソコン?スマホ

わたしのスマホのホーム画面は常に最新の推しと決めていますが、近頃全然アップデートしていなかったので、そろそろ変えようかなと思います。ありがとう。今週のお題のおかげでわたしのスマホのホーム画面が新鮮な装いになりそうです。

 

さて、ホーム画面。

例えば自分の内面のホーム画面ってどんな感じ?というのは、どうだろう。自分がフラットな状態の時に頭や心、内面にあるイメージってどんな感じでしょうか。どこまでも続く青空かもしれないし、常に言葉や音が洪水のように流れていく様子かもしれません。或いは、黄色い温かさがお腹に満ちている感じがするかもしれないし、頭がキーンと冷たく、足先が血流を感じるような状況かもしれません。人によって様々なんだろうなと思うと、面白いなと思います。なんだか今すぐにでも、自分の中にあるホーム画面ってどんな感じ?っていう質問を色んな人にしたくなります。でもなかなか軽々しくできる類いの質問ではないし、それを知ってどうしたらいいのか今のところわたしにもよく分からないのでしません。もし気が向いて、そういう質問をしても怒らず、そこそこ真面目に答えてくれそうな人に、質問してもいい感じの雰囲気が流れていたらしてみたいなと思います。

 

何はともあれ、自分の中にいつもある景色、自分の中のホーム画面が、末長く穏やかで温かくあるように、とわたしは思います。やはり、自分を大切にする気持ちと行動を心掛けることなんですかね。自分を大切にする活動というものは様々あると思いますが、そう考えると、やはりスマホのホーム画面を直ちに最新の推し画像にする必要があることに気付かされます。一日に何回スマホを開くだろう。その度に推しを眺めて穏やかになれるのだから、非常に手軽で効果が高い。自分の中のホーム画面を心地よい状態に保つべく、スマホのホーム画面を推しとする。つまりこれがわたしが行き着くホーム画面論ということなのかもしれません。なんて浅いんだ、わたしのホーム画面論。でもいいぞ、そんな浅くて単純な自分がわたしは好きです。ご自愛、ご自愛。大切にできる時には躊躇わず愛していくスタイルで、これからもわたしはスマホと自分の中にあるホーム画面を心地よい状態に保ち続けていきます。

 

 

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

追伸:ぼる塾さんのYouTube観ながら刺繍するのにハマってる。幸福な時間。ぐっどばい。

 

 

5月前半観たもの記録

 

わたしです。5月も折り返しですね。元気で後半も過ごしていきたいものです。さて、そんな5月の前半にわたしが観たものは以下の通りです。

 

 

 

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

彼の見つめる先に

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班

ファンタスティックビースト

 

 

 

ずっと観たいと思っていたチェリまほやっと観た。あまりにも最高だった。見悶えるほどのキュンと幸福が押し寄せてくる。こうなったら劇場版も観たいよね。

 

ブラジルの青春映画、彼の見つめる先に。単なる青春モノではない。タイトルの通りだ。彼の見つめる先に。短い映画だが、青い春がギュッと詰まっている。

 

以前ドラマを観て面白いと思っていたシグナルの劇場版。この先もまだ続いていきそうな雰囲気に次回作への期待も高まるってなもんだ。

 

わたしは一年に何回ファンタスティックビーストを観るんだろう。もう息をするようにファンタスティックビースト観てるじゃん。ほんと好き。何回観ても最高だよね。

 

 

 

5月前半、ゴールデンウィークがあり、映画やドラマなどを観る他にも色々と楽しむべきことが多かった為、いつもより観る本数が少なかったように思います。けれどだからこそ一つ一つの作品をいつも以上にしっかり観た気がします。普段もしつこくじっくり観るタイプですが、それよりもゆとりを持って観ることができたのが自分的には充実度が高かったです。さて、後半は何を観ようか。観たい作品がたくさんあり、時間が足りない!と感じる嬉しい毎日です。

 

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

追伸:我が家の朝ご飯に新メニューが登場した。その名もサラダチキン茶漬け。ご飯の上にお茶漬けの素とほぐしたサラダチキンを乗せてお湯をかけたら出来上がり。お茶漬けの素がないときは、お出汁と塩昆布とかでもいいかもしれない。簡単で美味しく、朝からたんぱく質をしっかり取れる。朝ご飯が楽で美味しいってとても大切。ちょっとずつメニューを増やしていくぞ。ぐっどばい。