おねむなおはなし

日々の気付きとトキメキ

アクセサリーを付けない人が作るアクセサリー

 

 

アクセサリーを作ったらいいのではないかと人はわたしに薦めるけれど、アクセサリーを付けないわたしに、一体どんなアクセサリーが作れるというのだ?

 

というのが、アクセサリーを作り初めてから数日経った頃に思ったことでした。

マジで謎じゃない?アクセサリーを普段から付けない人間にアクセサリーの何が分かるというの?と、若干イライラとしていました。

いざ作ってみても、大したものは作れないし、作ったとしても自分は身に付けないから、ただただ何とも言えない微妙な出来上がりのアクセサリーが増えていくばかりで、腹の底から「は?」という感じでした。

 

でも、そんな中で暇な時など気まぐれにチマチマ作っていると、「この作業は楽しい」とか、「これ作ってみるか」とか、アクセサリー作りに対する自然な意欲が湧いてくるようになりました。

それで、レジンやビーズに取り組むようになり、今は刺繍に興味が出てきています。残念ながらアクセサリー作りの腕前は向上していません。でもアクセサリー作りに対して「は?」と思っていた頃のわたしより、今のわたしは随分穏やかで楽しく暮らしています。それにアクセサリー作りはちょっと楽しいものになってきていて、趣味ってこのくらいの熱量がちょうどいいのかもなと思っています。

 

そんな感じで、わたしにアクセサリー作りを薦めてくれた人の意図が何となく分かりつつある今日この頃です。

 


f:id:kumakuma_iruka:20210414145521j:image

かわいいね。かわいいね。

 

趣味っていいものですね。井の中の蛙で上等だぜ。という心意気で、これからも自分のペースで創意工夫して楽しみたいと思います。

 

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

追伸:ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の第一話を観た。一番楽しみにしていた。期待以上に最高なドラマになりそうな予感だ。一話で最も興奮したのは、松田龍平さんのお店のシーンで浮雲さんが出てきた時だ。わたしは東京事変もペトロールズも愛している。あんな店が実在したら素晴らしすぎて命が何個あっても足りやしない。エンディングも最高にクール。来週も必ず観るし、最終回まで絶対に追いかける。楽しくなってきたぞ。ぐっどばい。